ただ単に甘やかすのではなく…。

通常の犬ならば、「噛む」という行為は愛情の現れです。永久歯になる時期に甘噛みなどします。この際に徹底的にしつけを行わないと、噛むことが癖のようになってしまうから注意してください。
しつけの振る舞いとして、絶対にポメラニアンに手を上げたりしては良くありません。ショックを受けて、心を閉ざすようになる可能性があるということです。
犬をしつける際は、吠える・噛むのは、誰に対してなぜそうやっているかということを見極めてから、「吠えるのはダメな事」「噛む行為は許さない」としつけることが大切です。
たまにはトイレをすることに差しさわりがある病気ではないか、動物病院に尋ねてこまめに確認することも大事でしょう。健康体を保つことは犬のしつけ訓練の最重要な点なのです。
ミニチュアダックスフンドを飼えば成長しても小さいから、見た目には子犬のようにとても可愛いものの、しつけというのは必ず最初の段階で行うことが重要だと思います。

犬のしつけで大事なことは、過程や順序だと思います。トイレに関するしつけでも、当然のことながら一緒のことでしょう。
ただ単に甘やかすのではなく、子犬の時期から正しくしつけをやっておいたら、柴犬のような犬ほど飼い主の言うことを聞く犬は存在しないだろう、と言っていいくらい命令に応えるでしょう。
普段から犬が吠えるきっかけや理由を分析したりして、環境などを整備して、じっくりとしつけを施すことが、チワワの無駄吠えの回数を少なくする最も良い手です。
しつけをする際は、褒めたりすることが最も良いと思います。トイプードルは、全般的に賢く陽気な犬種の1つです。そんな点を助長するようなしつけなどが最も良い方法です。
例えば誕生間もないミニチュアダックスフンドだとしても、育て始めた日から、というより実際は迎える以前の準備段階の間からしつけの行為はスタートします。

みなさんの中で、犬のしつけに苦労している方々は、問題の原因をきちんと納得した上で、柴犬や飼い犬の性格や個性を正しく把握することが非常に重要でしょうね。
子犬から飼い始めたというのに、ラブラドールのしつけに成功しなかったという人は、「必ずしつけてやる」と決意して、諦めないでやり抜きましょう。
きちんとしつけるべきだと思います。一般的に、ミニチュアダックスフンドをしつける際に大事な点は、いたずらっ子の性格などを、出来る限り分かってあげようとすることだと言います。
よく、チワワのしつけ中のトラブルには、吠えて騒ぐ、というのがあるみたいです。自宅から外に出た途端、周囲の人たちや犬などにとにかく吠える行為をするなど、飼い主もお手上げの犬もいるんじゃないでしょうか。
吠えるといったよくある問題行動に対処するしつけ方として、クリッカーという器具を駆使して、褒めたりしながら実践することを中心にしてしつけ訓練をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です